2015年12月26日土曜日

#五感を拡げる ペアダンスの楽しさは

#五感を拡げる‬ ペアダンスの楽しさは笑顔はもちろんなのですが、互いの体重バランスを、コンタクトと呼ばれる手や腰の相手との接点で交換し合う、そのバランスや浮遊感にあります。
ペアダンスの楽しさ、浮遊感が最も良く感じられるのが2人でターンをする時。2人の間に上手に軸が出来ると、その軸周りに互いの体重をグルン、と一気に交換。要するにブランコの楽しさなんです。

2015年12月23日水曜日

#五感を拡げる こころとからだは一つ、とよく言いますが

#五感を拡げる こころとからだは一つ、とよく言いますが、急がされることの多い世の中、体のケアはろくすっぽで、心ばかり覚悟を求められてもなかなか整うものでは無いのでは、と思っています。

こころとからだが一つであるなら、こころの緊張はからだに現れるし、ならば逆にからだを整えられれば、こころを落ち着かせる事にも繋がるでしょう。

健康であるという事はからだもこころも整い落ち着いていて、日々の自分の人生にいつも新鮮な気持ちで向き合え、力を振るえることだろうと思います。

日々新鮮に人生に向き合える、心身の整った状態である為には、まずはからだを物理的に整える事が大切だろうと思っています。五感が充分に働き、自身についても環境についても様々に感じ取る力が高まっている状態。

世には様々な瞑想法や心理療法があり、役に立つものがある事も知っていますが、五感を十分に使える様にする為には、まずは物理的にそれぞれの感覚をしっかり使える様にするのが基本だろうと思っています。

周辺視野を使えていない目、街の音を殆ど聴いていない耳、唾液を使えず人工調味料で鈍った舌、アレルギーで詰まっ鼻、痛むまで緊張に気付かないからだ。こんなに閉じていては、世の中の美しさや楽しさの多くを感じたくないと言っているかの様です。

私の受け持つクラスでも、またこうしたツイートでも、現代生活で使わないで済んでしまっている感覚に気付くヒントが共有できればと思っています。まずは自分自身のからだの状態をもっと感じられる様にしよう、という事です。

#からだことば 「胸のつかえ」が表している緊張の場所は

#からだことば 「胸のつかえ」が表している緊張の場所は喉から胸、横隔膜まで割と広そうですね。胸骨周りと表現したらいいかも。胸骨上にある膻中というつぼはそうした周辺筋膜の緊張の要所である様で、正につかえているポイント。緩めたら恋の悩みも解決するかも?

#からだことば からだことばは

#からだことば からだことばは身体の部位についての表現でありながら、私達の心情を意味している。それだけからだと心の密接な繋がりに気づかせてくれます。現代生活で失われた、人間が本来持っている身体感覚に気づかせてくれるヒントでもあると思うのです。

2015年12月21日月曜日

#五感を拡げる 「今日はコンタクトしていないので耳が良く聞こえないの」

#五感を拡げる 「今日はコンタクトしていないので耳が良く聞こえないの」という友人がとっても天然だと当時は笑われていたのですが、逆に運転中の携帯は目の動きを制限してしまったり、目と耳ってとても繋がっているんですよね。

#からだことば 「頭を抱える」って、側頭部を両掌で抱えますよね。

#からだことば 「頭を抱える」って、側頭部を両掌で抱えますよね。これは悩みで緊張する側頭部を緩めたい無意識の身体の反応なんだと思います。気になるところに自然に手を当てる「手当て」が無意識に行われて、緊張を緩和しようとしているんじゃないでしょうか。

2015年12月17日木曜日

施術家、セラピストの方向けクラス受け付けます。


最近プロの方々からいくつかお問い合わせを頂いたので、
天城流湯治法やニコニコタッチをベースとした、
身体の緊張の繋がりを感じて頂くクラスをやってみようかと。
合わせて効果的な力の使い方で
自分の手指や身体を壊さない方法なども入れてみました。

天城流湯治法のケアポイントは
身体各所を緩めるのに即効性が高いのですが、
ケアポイントをお伝えするだけでなく、
緊張がどう繋がっているのか?
それを出来るだけ体感して頂くことを主眼にしたいと思っています。

各種セラピストの方にとっては、
下記の様なポイントをご自身の施術に要所で加えて頂ければ、
時間をかけて苦労してもみほぐすよりも
よほど手軽に緩める事が出来るでしょう。

天城流の弟子仲間の皆さんも
手指の感覚のシェアをしますので、
都内で集う楽しいたまり場くらいの気持ちで
気軽にお越し頂ければ。

各回1時間半で5000円の設定にしてみています。
仮に日曜日のクラス時間設定にしましたが、
ご希望に合わせて随時。応相談です。
ぜひご連絡ください。info@ateliertomita.com
http://ateliertomita.com/homejp.html#schedulejp
 (設定済みの予定は時間表のところから"コース"ボタンを押して見てみて下さい)


内容は10回ほどに展開してみました。
ご興味のある方、一緒に身体の感覚を磨いていきましょう!

1.自らの身体を守る力の使い方
 手指を壊さない力のかけ方、身体の使い方、手指のケア方法

2.呼吸を楽にするケアポイント
 胸郭が自由に膨らむ様、胸回りを緩めるポイント。

3.首肩を緩めるケアポイント
 首肩の緊張は腕手の緊張を緩めると効果的です。

4.手や肘の問題のケアポイント
 手や肘の緊張は胸や肩甲骨にケアポイントがあります。

5.腰痛のケアポイント1
 腰の緊張は足の緊張を緩めると効果的です。
 内臓の緊張に由来する足の内側やふくらはぎの緊張の緩め方などがあります。

6.腰痛のケアポイント2
 腰の緊張は足の緊張を緩めると効果的です。
 靴に由来する足の外側の緊張の緩め方などがあります。

7.背中を緩めるケアポイント
 脊柱起立筋や僧帽筋の緊張を効果的に緩める方法です。

8.お腹を緩めるケアポイント
 内臓下垂による腸骨際の緊張を緩めると効果的です。
 低体温を改善する方法でもあります。

9.頭部を緩めるケアポイント1
 頭部だけでなく、顎周りの緊張緩和にも効果的です。
 唾液をしっかり使えるようにするポイントでもあります。

10.頭部を緩めるケアポイント2
 側頭部、耳の固さを取る方法です。
 免疫力を高めるのに役立ちます。

2015年12月9日水曜日

体性感覚 視力や目の動きにつながるもの

そういえばこのところは自分の体性感覚については書いてませんでした。
少し前には"スパ仕事"として書いてた話です。
自分の気付きの吐露ですので、あまり教育的ではないかも?

私の体性感覚は天城流湯治法を習ったところから、
身体中の筋膜の緊張の繋がりを追う事が出来る様になって、
人の緊張を自分の身体感覚に置き換えて感じてみる事で、
触らなくてもその繋がりがある程度追える様になりました。

その後は更に深い部分の繋がりを追いかけてみたり、
身体の一部を細かく感じてみたりしているのですが、
このところは視力や目の動きが、頭部各所の緊張と繋がっていて、
かなり引っ張られて縛られているのに気づきました。

単純に、目をしっかり上下左右に動かしてみると分かります。
耳が動くし、側頭部、後頭部、いろんなところにピクリと感じます。
両目視力0.2の私は眼球の動きにもあちこちにつっかかりがありました...

そこでふと思いついて取り出したのはスリスリ君。
こめかみから頬骨や眉、額に向けた放射状の緊張を
これで暫くスリスリしているうちに、
こめかみや側頭部由来の緊張がとれて、
目が動かしやすくなってきました。
眉を上下させると後頭部まで頭皮が動くようになりましたし。

なるほど。
側頭部が頭部を縛っている度合いはこれほどに強いのかと。

スリスリ君は身体に溜まった電磁波を取ったりはしません。
適度なサイズ、適度な重さの金属棒ですが、
これでさすっているうちにわずかに皮膚が波うち、
それがゆえに皮膚が緩み、その下の緊張も緩んでいく、
きちんと物理的に説明のつく、面白い道具です。

目につながる緊張は、頬や要するに表情に繋がっているのにも
気づきましたし、これはまた追いかけていくのが楽しみです。

少し目をよく動かせるようにして、多少なりと視力が戻ったらいいなと思います。

2015年12月8日火曜日

肩こりをゆるめるセルフ・ケア 緊張の緩め方

首が回らない時はどこから緩めるのか。

ずばり手首です。

まず首を左右に振って、回り具合やつっかかりを確かめて下さい。
気になる方の手首についてケアします。
首の右側なら右手、左側なら左手です。

前腕の親指側の骨際と小指側の骨際を図の様にずらして緩めます。
簡単なのは、反対の手で手首を掴み、
ぐりぐりと絞ってしまう事です。
骨際がきっと固かったりピリピリするでしょう。

首の前側が痛い方は親指側の赤い線の部分が、
首の後側が痛い方は小指側の赤い線の部分が、
首のそれぞれの緊張と繋がっています。
ですので、そちらの方がより固かったりピリピリするわけです。

何回かぐりぐり絞ったら、
もう一度首を左右に振って緊張を確認してみて下さい。
つっかかりが減って、より回る様になっていませんか?

Atelier Tomitaのセルフ・ケア整体クラスでは、
身体各所のこうしたコツを教えています。
楽しく、簡単、にセルフ・ケアしに来て下さい!

肩こりをゆるめるセルフ・ケア 緊張の感じ方

首が回らない話でした。
ことばがもう動作を表してくれちゃってますから、
確認の仕方は素直に首を横に振ってみる事ですね。

左右の振れ具合は同じでしょうか?
向きにくい方があるでしょうか?
向いた時に首の前や後ろにつっかかりがないでしょうか。

もうひとつは手首なんです。
手首をしっかり回してみて、回り具合を確認します。
360°ぐるぐると自由に回るでしょうか。
やはりぐきぐきと突っかかりがあるんじゃないでしょうか。

さてそれではいよいよ緩め方です。
次回をお楽しみに。